プロフィール

環状 未知

Author:環状 未知
主に鉄道とドールを中心に活動しています。

ドールは主にazoneの麻衣とちさが活躍!
…だったのですが、最近はカスタムドールの未咲が中心になりつつあります。

鉄道はローカル線好きです~。

大阪在住。

コメントについて…

戴いたコメント(拍手コメント含む)は全て拝見させて頂いておりますが、多忙な事が多く管理人から返信が出来ない事が多いです。
コメントに返信が無かったとしても、全て拝見させて頂いております。

大変申し訳ありませんが、どうかその点だけご容赦をお願いします。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日前の話になりますが、18きっぷの消化を兼ねて、日帰りで広島へ行ってきました。

本当は前日から広島に行って、この日は木次線の奥出雲おろち号に乗る予定でいたんですが、残業が入ってしまって帰れなかったもので…。
残念ながら広島のみで日帰りになっちゃいました…。


可部線廃線1008-01 可部線廃線1008-02

可部線廃線1008-03 可部線廃線1008-04
当日は、大阪駅6:52発の新快速姫路行きに乗車しまして、電車を乗り継ぎ広島へ向かいました。

可部線廃線1008-05
大阪から約5時間半ほど電車に揺られ、無事に広島駅へ到着しました。

可部線廃線1008-06
ここで、電車の乗り継ぎ時間が20分ほどあったので、うどんでお昼ごはんとしました。
肉天玉うどんを頼みましたw

可部線廃線1008-07 可部線廃線1008-08
昼食を食べた後は、可部線に乗り換え、可部駅に移動しました。

さて、今日ここへ来た理由は、この先に存在する廃線跡を歩くためです。

現在でこそ可部線は、ここ可部駅が終点ですが、2003年11月までは、この先にも線路が残っていました。
非電化区間である可部駅~三段峡駅間60.2kmが廃止となったのですが、可部駅の隣の河戸駅までは電化して、復活しようと言う計画がある為、レールからホームまで列車の運転に必要な設備が残されています。

ただ、電化工事には最低でも30~40億円掛かると言われており、その工事費用をJRが持つのか地元自治体が持つのかで揉めており、廃止から既に7年が経とうと言うのに一向に計画が進む気配がありません…。
このまま計画が立ち消えない様、祈るばかりですね…。

今回は、その河戸駅まで歩いてみることにしました。

可部線廃線1008-09
可部駅の様子です。

左側の線路の奥側が廃止された三段峡方面です。

可部線廃線1008-10
駅からしばらく先までは線路が繋がっていますが、ホームの終端付近で電車線が途切れている為、電車の入れ替えが行われる事はありません。

ですので、この先に残っている2つの踏切(一つは写真の構内)も、まず動作する事はありません。

可部線廃線1008-11
この踏切は、線路が途切れる手前にありまして…

可部線廃線1008-12
この先で直ぐに線路は途切れています。
本来であれば、この踏切の手前で線路を途切れさせる物ですが、先にも述べた復活計画の影響で残しているものと思われます。

可部線廃線1008-47
ここで線路が途切れています。
奥側の車止めがある方が現役路線です。

可部線廃線1008-13
こんな感じで現役路線の方には、立ち入り禁止の看板が立っています。

可部線廃線1008-14
この途切れた所から、廃線跡を10mほど進むと、廃線時に線路を埋めて作った通路があるのですが…

可部線廃線1008-15
ここの看板には、復活を指す文言が書かれていますよ。


可部線廃線1008-16
廃線跡は、設備を残したまま、更に続きます。

可部線廃線1008-17 可部線廃線1008-18

可部線廃線1008-20 可部線廃線1008-21

可部線廃線1008-22 可部線廃線1008-40
こんな感じで、踏切部分を除いて設備はすべて残っていまして、今にも列車が走ってきそうな雰囲気です。

ですが、赤く錆びたレールがそれを否定します…。

可部線廃線1008-23 可部線廃線1008-24
橋梁部分は人が立ち入らないよう柵が立てられてますが、明らかに人が柵を跨いだ様な跡が残っていますw

可部線廃線1008-25
信号通信関係のボックス(ですよね?)には鍵が掛けられていました。
今でもちゃんと管理してるって事でしょうかね?

可部線廃線1008-26
停車場接近標識を発見しました。
と言う事は、まもなく河戸駅ですね。

可部線廃線1008-27
河戸駅手前には色あせちゃってますが、踏切の注意看板が残っていました。

可部線廃線1008-28
この看板、国鉄の表記が残ってました。
いつからある看板なんでしょうねぇ…。

可部線廃線1008-29 可部線廃線1008-30
遂に河戸駅に到着です!

可部線廃線1008-31
ホームは待合室やワンマン列車用のミラーなども含めて全て残っています。
ただ、さすがに待合室は柵で塞がれてますけどね…。

可部線廃線1008-32
その柵には、電化延伸運動の看板が残っていました。

可部線廃線1008-33
おや、待合室の窓ガラスに何か貼ってありますね。

可部線廃線1008-34
これは、可部線廃止間近に見られた存続運動で使われていたステッカーですね…。

何だか悲しくなってきました…。


さて、折角ですし、娘達の写真を撮っていきますかね~。

可部線廃線1008-35 可部線廃線1008-36

可部線廃線1008-37 可部線廃線1008-38

可部線廃線1008-39
モデルが良いと、どんな写真でも上手く撮れますね~(←親馬鹿

さて、時間も無くなってきたので、可部駅に帰ります!

可部線廃線1008-41
可部駅から乗車した電車は、105系の黄色一色塗りでした…。

まだ105系はマシだなぁ…。

この後、せっかく広島に来た事ですし、宮島くらいは渡りたかったのですが、この河戸駅で時間を取りすぎた為、行けなくなりました…。
次に来るときは、宮島に行きたいです~。
久々に厳島神社も行きたいですしね。



この下はおまけです…。




大阪へ帰る際、三原から乗車した列車は…

可部線廃線1008-42
117系の黄色一色の編成でした…。


可部線廃線1008-43
この色は無いですよねぇ…。


車両はこんな感じですが…

可部線廃線1008-44 可部線廃線1008-45
尾道付近の景色は奇麗でした。

海沿いを走る、この区間の景色はいつ見ても良いですねぇ~。

可部線廃線1008-46
一度、しまなみ海道も渡ってみたいです。

また来ようね、ちさ。
スポンサーサイト

コメント

 おかえりなさいませ。
 可部線の廃線めぐりはいつかしようと思いながら、延び延びになっています。
 いいなぁ。
 (というより、行動力の問題でしょうか)

 ラストから2枚目3枚目は糸崎~尾道間でしょうか。
 向こうにしまなみ海道の橋が見えますね。

Re:

コメントありがとうございます~。


>  おかえりなさいませ。
>  可部線の廃線めぐりはいつかしようと思いながら、延び延びになっています。
>  いいなぁ。
>  (というより、行動力の問題でしょうか)

廃線になってから初めて行ってきました。
現役時代は、広島に来たら必ずと言っていいほど、この路線には乗ってたもので、結構思い入れのある廃線跡でもあります。

写真の様に、河戸駅までは設備が手付かずで、そのまま残ってますので、往時の姿を振り返ることができます。

今度は、鉄道公園として整備された安野駅(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E9%87%8E%E9%A7%85)に行きたいですね~。


>  ラストから2枚目3枚目は糸崎~尾道間でしょうか。
>  向こうにしまなみ海道の橋が見えますね。

そうです。
その区間ですね。

海沿いを走るこの区間の景色は結構好きだったりしますw

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://kanzyoumiti.blog23.fc2.com/tb.php/74-b07e9e63
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。