プロフィール

環状 未知

Author:環状 未知
主に鉄道とドールを中心に活動しています。

ドールは主にazoneの麻衣とちさが活躍!
…だったのですが、最近はカスタムドールの未咲が中心になりつつあります。

鉄道はローカル線好きです~。

大阪在住。

コメントについて…

戴いたコメント(拍手コメント含む)は全て拝見させて頂いておりますが、多忙な事が多く管理人から返信が出来ない事が多いです。
コメントに返信が無かったとしても、全て拝見させて頂いております。

大変申し訳ありませんが、どうかその点だけご容赦をお願いします。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の日記で予告してた通り旅に出てきました。

この日は、「鉄道の日記念・西日本一日乗り放題きっぷ」を利用して旅行に行ってきましたよ!

まずは、いつも通り大阪駅から新快速に乗車し、ひたすら東海道・山陽線を下っていきます!

大阪駅から、新快速と普通電車を乗り継いで約4時間…

大久野島101007-01 大久野島101007-02
三原駅に到着しました!

ここから呉線に乗り換えます。


大久野島101007-03
呉線は、大雨による災害で一部区間が不通になってまして、バス代行輸送が行われてるんですが、11月1日にようやく全線復旧するようです。

大久野島101007-04
さて、呉線に乗車しますよ~。

大久野島101007-05 大久野島101007-06
呉線沿線は、海が近くて景色がきれいなんですよね~。

大久野島101007-07
三原駅から約20分、本日の目的の駅、忠海駅に到着しました。

大久野島101007-08
ここからフェリーに乗り換えて、大久野島に渡ります。

さて、ここで今回向かった大久野島についてご説明します。
大久野島は瀬戸内海に浮かぶ島の一つで、周囲4kmほどの小さな島です。

この島は、別名ウサギ島とも呼ばれており、島内に約300羽のうさぎが生息しています。

これは、島外の小学校で飼育されていた8羽のウサギがこの島に放されて野生化し、ここまで増えたと言われています。
この島には、うさぎの天敵となる動物がおらず、ここまで繁殖したようですね。
(ただ、最近はカラスが増えてきて、結構ウサギ達にも被害が出てるようですが…。)

そう言う訳で、前回の日記に上げていたヒントがここで役立つわけですねw

大久野島101007-09
忠海駅近くにスーパーがありまして、そこで人参が安く売られてましたので、事前に用意していた小松菜とキャベツに加え、餌を補充しておきましたw

大久野島101007-10
忠海港から船に乗船します。

運賃は、片道210円で1時間に約1~2本の船が出ていますので、交通のアクセスも抜群です。

大久野島101007-11 大久野島101007-12
船に乗船しました~。

船に乗るなんて本当に久々ですね。

大久野島101007-13 大久野島101007-14
乗船した便の乗客は、残念ながら私一人でした…。

まあ、平日のお昼の便に観光客がいる訳無いですよね…。

大久野島101007-15
約12分で大久野島に到着です。

大久野島101007-16
大久野島の港からホテルのある本館まで無料の送迎バスが発着しています。
まずは、これに乗車してホテルに向かうことにします。

大久野島101007-48
ホテルに到着です!

ここでレンタサイクルを借りることが出来ます。
ちなみに料金は2時間で400円です。
(ホテル宿泊客は300円。)

自転車で島を1周すると約30分掛かりますから、ゆっくり見て周っても2時間あれば余裕ですね。

大久野島101007-18 大久野島101007-19
ホテルの前には、早速大勢のうさぎがいましたよ。

大久野島101007-20
そんな訳で、持ってきた野菜を上げる事にしました~。
ちなみに、この島のウサギ達はビニールの音に敏感ですw

ビニールの袋の音を鳴らすと、どこからともなくウサギ達が集ってきます!
(この写真を撮ってる段階でもかなりのウサギが寄ってきましたからw)

大久野島101007-21 大久野島101007-22

大久野島101007-23 大久野島101007-24
餌に群がる事群がる事w

がっつき具合が半端無いですw

大久野島101007-25
ここだけで全ての餌がなくなる勢いなので、適当に餌を上げるのを切り上げます。

大久野島101007-26
ホテルで借りたレンタサイクルで島を一周しましょう!

大久野島101007-27 大久野島101007-28

大久野島101007-29 大久野島101007-30
瀬戸内海の風景が綺麗で、普通に撮影スポットとしても良いですねぇ~。


ちなみに、この島には負の一面もあります。

それは大戦中に毒ガス兵器工場が建設されていた事です。
軍事的な意味合いから、大戦中は地図からもこの島が消されていた時期があったくらいです。

今でこそ観光の島ではありますが…

大久野島101007-31 大久野島101007-32

大久野島101007-33 大久野島101007-34
こんな感じで旧日本軍の施設が廃墟となって多数残っています。

また第2次世界大戦終了後、この島に保管されていた毒物はGHQなどにより火炎放射器や中和処置などで全て撤去されていますが、処理が不完全な物もあったようで、島の一部ではヒ素の濃度が基準値を上回る箇所などがあり、今でも汚染された地域が存在します。
(もちろんその様な場所は立ち入り禁止になってます。)

大久野島101007-44
この歴史や、当時の工場で使われていた用品などを展示した毒ガス資料館なども存在します。

大久野島101007-35 大久野島101007-36
こちらは、島の中で一番目立つ廃墟である発電所跡です。

大久野島101007-37 大久野島101007-38
廃墟とドールと言うのも結構、絵になるものですね。

大久野島101007-39 大久野島101007-40
この様な廃墟跡でも、うさぎは多数生息していまして、「餌くれー」って感じで寄ってきますw
もちろん餌を上げましたよw

ただ、やはりこの辺にいるウサギは、ホテル周辺にいるウサギと比べると若干警戒心が強かったですね。

大久野島101007-41
こちらはキャンプ場でして、ここにも結構な数のウサギが生息しています。

大久野島101007-42
ここでも餌を上げることにしますw

大久野島101007-43
しかし、どこにいるウサギでもそうですが、がっつき具合が半端無いです。

やはりウサギの数が多すぎるせいか、基本的に餌不足の様ですね…。



さて、島を一周しましてホテルに戻ってきましたよ~。

大久野島101007-45
ホテルには食堂もありまして、11時半から13時半まで営業しています。

大久野島101007-46 大久野島101007-47
また温泉施設もあり、日帰り入浴が可能ですので十分日帰りでも満足して遊べる島だと思いますよ。

大久野島101007-49 大久野島101007-50
そろそろ帰りますかね~。

島での滞在時間は約2時間半でした。
ちょっと物足りない感じだったので、次回来る時は泊まりで来たいですw

大久野島101007-51 大久野島101007-52
帰りのフェリーがやってきました。

大久野島101007-53
ちさ「バイバーイ、大久野島!また来るからね~。」

大久野島101007-54
うーん、楽しい島でした。

呉線に乗車して、大阪まで戻ります~。
今回の旅行は、こんな感じでした。

また今度来る時は、餌を大量に持って訪れたいですね。
後、島へ行かれる方は、餌を持っていく事をお勧めします。

基本的に餌が不足気味で、ウサギ達は基本的にお腹を空かしているようです。
餌を忘れた時は、ホテルにてウサギの餌を売ってるので、買ってあげるのも一つの手ですね!
スポンサーサイト

コメント

うはぁ~ヒントは「うさぎさんのゴハン」だったのかぁ~!
コレはわからんかったです・・・・。

ていうか今回は鉄道&船の旅ですね。
陸路だけでなく海の上まで守備範囲とは・・・・
恐るべしっ!未知さんっ!!

ハングリーなウサギも可愛ゆすなぁ~e-446

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://kanzyoumiti.blog23.fc2.com/tb.php/85-05ea78cb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。