プロフィール

環状 未知

Author:環状 未知
主に鉄道とドールを中心に活動しています。

ドールは主にazoneの麻衣とちさが活躍!
…だったのですが、最近はカスタムドールの未咲が中心になりつつあります。

鉄道はローカル線好きです~。

大阪在住。

コメントについて…

戴いたコメント(拍手コメント含む)は全て拝見させて頂いておりますが、多忙な事が多く管理人から返信が出来ない事が多いです。
コメントに返信が無かったとしても、全て拝見させて頂いております。

大変申し訳ありませんが、どうかその点だけご容赦をお願いします。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾旅行2日目のレポです~。

今回はタイトルからも分かる通り、鉄道中心ですので折りたたみますw

全文読みたい方だけどうぞ!


○第一走者 台北 23:05→(キョ光63次)→6:00 台東

台湾旅行2010-01-01
夜行列車で無事、台東駅に到着しました。

しかし、一晩中減光もされませんし、まさか一晩中車内放送が流れるとは思いませんでしたw

花蓮駅から先が非電化になるので、機関車の付け替えが行われたんですが、そこでも結構な音量で案内放送が流れたのには困りましたねw
まあ、鉄ちゃん的には面白いのですが、さすがにウトウトした所で起こされるのは…w

後、朝の5時半に検札が来るのもびっくりでした。
日本でしたら、乗ったらすぐに検札来ますからねぇ~。

台湾旅行2010-01-02

台湾旅行2010-01-03
台東駅に着くと、機関車はすぐに切り離され、機回しを行ってましたよ。

台湾旅行2010-01-04
台東駅の駅舎です。
立派な建物ですね~。

台湾旅行2010-01-05
ご飯を調達して、切符を購入し改札口を入ります。

台湾旅行2010-01-06
早速、今回の2日目の旅の最重要(?w)目的である、旧型客車列車に乗車します!



○第二走者 台東 6:58→(普快車200次)→10:58 花蓮

台湾旅行2010-01-07
こちらが旧型客車で運転される普通列車です!

手前の1両が日本製の旧型客車で、奥がインド製の旧型客車です。

台湾旅行2010-01-08
これが、日本製の旧客です。
日本のスハ44系に準じた設計だと言われています。

台湾旅行2010-01-09
車内の様子です。

車内はオール転換クロスシートになっています。
良い雰囲気の車内です。

台湾旅行2010-01-10
こちらは、インド製客車の車内です。
見辛い写真ですみません…。

こちらは、近郊型タイプの車両でして、両開きの扉で一部ロングシートも配置され、また扉の開閉も手動ではなく、車掌の操作で自動開閉するなど、純粋な旧型客車とは言えないかもしれません。

台湾旅行2010-01-11
さて、それでは乗り込みます。

終点の花蓮まで4時間の長旅の始まりですよ~。

台湾旅行2010-01-12
列車は定刻通り発車しまして、最初の停車駅「山里」に到着しました。

その名の通り、山の中にある小さな駅ですね。
こんな小さな駅にも駅員がいるのには驚きました。

台湾旅行2010-01-13

台湾旅行2010-01-14
沿線の風景です。

こーんな感じで、ひたすらローカル線の雰囲気を味わえました。

台湾旅行2010-01-15
途中で旧型のディーゼルカーとすれ違いました。

台湾旅行2010-01-16
車内に旅客はほとんどおらず、非常にまったりとした時間が流れていました。

ちなみに、乗っていた旅客もほとんどがマニアさんですw

マニアさんはどこも変わらないんですね~。
車内の写真を撮ったり、駅に着くたびに駅名表を撮ったり、対向列車の写真を撮ったりと、日本のマニアと変わらない行動をとってて面白かったですw
国は変われどマニアは変わらないんですねw

台湾旅行2010-01-17
列車は各駅に止まりながらも先へ進みます。

台湾旅行2010-01-18
途中の池上駅で…

台湾旅行2010-01-19
台湾一おいしいと言われている駅弁を購入しました。
ホームに売り子さんが立っていて、自強号(日本で言う特急)が着くたびに、「ベントー」と言う声を上げて売っています。

あれ?っと思うかもしれませんが、台湾で駅弁の事は「便当(べんとう)」と言い、日本語の発音の「弁当」が統治時代に定着したと言われてますね。

値段は70元(約210円)とリーズナブルです。

台湾旅行2010-01-20
こちらは、この列車の切符です。

普通列車とはいえ、4時間も乗車して162元(約480円)とは安過ぎでしょう!

いや、日本が高すぎるのかな…。

台湾旅行2010-01-21
さて、列車はさらに先へ進みます。

台湾旅行2010-01-22
玉里駅に到着しました・

台湾旅行2010-01-23

台湾旅行2010-01-24
ここで、後続の自強号(特急)に道を譲ります。

旧型客車に乗っていたマニアさん達も皆ホームに降りて、写真を撮ってましたよw

台湾旅行2010-01-25
自強号に続いて、普通列車も発車です。

台湾旅行2010-01-26
お昼前になってきましたし、お腹も空いて来たので、先程購入した駅弁を食べる事にします。

さすが、台湾一おいしいと言われてるだけあって、味は最高でした!
量も結構多くて、これだけで十分お腹が膨れましたね~。


台湾旅行2010-01-27 台湾旅行2010-01-28
旧型客車の醍醐味(?)、走行中に扉を開けっ放しですw
これぞ、旧客の良さですよね~。

台湾旅行2010-01-29
こちらは機関車との連結部です!
しばらく、連結部の動きを観察してしまってましたw


台湾旅行2010-01-30
台東駅から4時間、終点の花蓮駅に定時で到着です!

台湾旅行2010-01-31
花蓮駅の駅舎です。

この駅のすぐそばに、台東線がナローゲージ時代に使用されていた車両を保存した公園があったんですが、なぜかこの時、その事をすっかり忘れてしまっていて見に行けませんでした…。

後になって思い出して、非常に後悔してしまいました…。
また、いつか行こう…。

台湾旅行2010-01-32
駅弁を食べて、それなりにお腹は膨れましたが、若干小腹が空いていたので、コンビニでおでんを購入。
これだけ買っても、日本円では200円くらいです。

台湾旅行2010-01-33
ご飯を食べたりしながら、時間を潰していると、次に私が乗る自強号の時刻が近づいてきました。

この列車で今来た道をひた走り、台東まで戻りますw

台湾旅行2010-01-34
改札口を通り、ホームに進みます。
花蓮は石の名産地と言う事もあり、ホームには石が展示されています。

台湾旅行2010-01-35
向いのホームには、台北方面行の太魯閣号が停車してました。
この列車は、JR九州の885系の技術で作られた日本製の振り子電車です。

台湾旅行2010-01-36
そうこうしていると、私の乗車する自強号が入線してきました。

この列車で台東まで移動です。


後半に続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://kanzyoumiti.blog23.fc2.com/tb.php/94-7eacaac3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。